Environmental Policy
環境方針

基本理念
当社は、社員一人ひとりがコミュニケーション事業の環境に与える影響の重要性を認識し、全ての環境保全への取り組みを推進します。
クライアントへの提言、メディア、協力会社との連携強化により、環境コミュニケーションの実現に努め、持続可能な構築に貢献します。
活動指針
  1. 環境マネジメントシステムの運用を通じ、環境汚染の予防と継続的改善を推進します。
  2. 環境広告および環境プロモーションの開発・提案・実施を通じ、環境問題の解決に貢献します。
  3. 省資源・省エネルギーによる CO2 削減、3R(リデュース・リユース・リサイクル)、グリーン購入に積極的に取り組みます。
  4. 企業活動全般が環境に与える影響を認識し、環境保全の法規制等を遵守することにより、環境マネジメントシステムの維持に努めます。
  5. 環境負荷の低減を図るため、省エネ、省資源及び廃棄物リサイクル化に向けて目的及び目標を設定し、積極的に取り組みます。
  6. 自社内外での情報共有を図り、必要な情報の開示に努めるとともに、この環境方針を社員へ周知し、社外に公開します。
  7. 社員等の教育・訓練を通して、環境改善への意識の高揚と環境負荷を低減する取り組みの向上を図ります。
  8. 原材料、エネルギー等の利用の効率化を図り、資源のリサイクルに努めます。
  9. 国・地方自治体等の環境規制を遵守し、環境保全に努めます。
  10. 自主管理基準を設定・維持し、緊急事態に備え、環境への影響の予防及び緩和に努めます。
  11. 環境への影響を考慮しながら、環境目的及び環境目標を定め、定期的な見直しと継続的な改善を推進し、環境汚染予防に努めます。
  12. 環境保全の活動は、第三者機関の監査を受け、活動の適正を確認し、社外より要求があった際は活動内容を積極的に開示します。
  13. 事業活動における環境法規制および当社が同意する他の要求事項を順守します。
©  株式会社SY総合研究所 All Rights Reserved.
PAGE TOP